歯科

歯は犬や猫にとって重要な体の器官です。自身で歯を磨けない犬や猫は歯周病になりやすく、歯に付着している細菌が原因で歯肉や歯周組織に炎症が起こり壊されてしまいます。具体的な症状としては口臭や歯の表面の歯石の付着、歯肉の腫れや発赤、出血などが挙げられますので、これらの症状が見られれば、一度歯科検診を受診されることをおすすめします。歯石除去すべきか等もお気軽にご相談ください。また、行徳どうぶつ病院では子犬・子猫の時期からの歯周病予防に力を入れています。定期的な歯科検診やお家でできるケアなどもアドバイスさせていただきます。

イメージ

Q. 口がくさくても食欲があり元気な場合、病気ではない?

健康な口と歯は臭くありません。口が臭い場合は、歯周病の可能性が高く、見えない部分に病気が隠れていることもあります。しっかりと歯科検査をする必要があります。

Q. 動物病院で歯石を取ってもらうのはどこでも同じ?

どこの動物病院でも歯石取りは行っていますが、歯科の専門的なことはどこでもできるわけではありません。高度な知識と豊富な経験がない場合は正しく評価して正しく治療を行うことが難しい場合もあります。

Q. 年をとっている犬や猫は、全身麻酔をかけて歯の処置をすると弱る?

処置や麻酔で身体が弱ることはありません。確かに高齢の動物に麻酔をかけることはリスクを伴うこともありますが、身体が弱ってきているからこそ、歯周病菌にも負けやすくなり、さらに進行していくことが多です。処置前には、全身麻酔をかけることを前提に、全身の評価が欠かせません。行徳どうぶつ病院では、事前に全身を検査し、その子にあった麻酔方法を選択し、可能な限り負担の少ない麻酔で短時間に処置を行えるシステムを採用しております。事前に飼い主様とご相談させていただき、動物の十分な検査を行ってから、早期に処置をすることが重要なポイントです。