予防科

当グループの考える「予防科」は単に、フィラリアの検査・お薬での予防、ワクチンや狂犬病の注射を打つだけの診療だけではありません。最大のテーマは『動物たちのQOL(生活の質)向上のお手伝い』です。「予防の大切さをより多くの飼い主様にご理解頂き、予防を継続することで、様々な病気から動物たちを守る」この想いを大切にしています。動物ができるだけ長く健康な状態で生活できるよう、人間と同じように定期健診を受け、デンタルケアや肥満にならないための体重管理なども行って病気を予防する取り組みが重要です。病気になってから治すのではなく、病気にならないことを目標に考えましょう。

イメージ

狂犬病ワクチンについて

犬の狂犬病ワクチンは、人間のためのワクチンです。狂犬病は人間を含めた哺乳類に感染するウイルス病です。感染した場合に治療をしないと、致死率はほぼ100%と言われる非常に恐ろしい病気です。現在、日本では1957年以降発生が見られませんが、台湾では2013年に52年ぶりに発生したばかりです。人間に対する危険度が高いため、法律で唯一飼い主様に義務付けられたワクチンになります。狂犬病予防法により、生後91日以上の犬は飼い始めてから30日以内に1回、その後は毎年1回注射を受けなければなりません。必ず予防しておきましょう。

混合ワクチンについて

ウイルスは目に見えませんが、確実に存在しています。子犬や子猫は生まれてからしばらくは、母犬・母猫の初乳から得られた免疫によって感染症から守られます。しかし、その免疫は長くは続きません。徐々に免疫は低下し、病原体から身を守る力が充分ではなくなっていき、感染に対して無防備になってしまいます。ワクチンを接種し免疫をつけることで、病原体が入ってきても体を守ることができます。生まれてから初めてワクチンを注射するときは、3〜4週間間隔で2〜3回の注射が必要です。2年目からは年1回のワクチン接種が推奨されています。

犬のワクチンで予防可能な病気 猫のワクチンで予防可能な病気
犬パルボウイルス感染症 猫ウイルス性鼻気管炎
犬ジステンパー 猫カリシウイルス感染症
犬アデノウイルス2型感染症 猫汎白血球減少症
犬伝染性肝炎 猫白血病ウイルス感染症
犬パラインフルエンザ 猫クラミジア感染症
犬コロナウイルス感染症 猫エイズウイルス感染症
犬レプトスピラ病

フィラリアについて

フィラリアは蚊を介して感染する寄生虫です。フィラリアに感染している動物の血を蚊が吸うと、血液中にいるフィラリアの幼虫が蚊の中で成長します。その蚊がさらに他の動物の血を吸うと、その蚊を介して動物の中に侵入してしまいます。フィラリアは皮膚や筋肉のあたりでさらに成長を待ち、2ヶ月ほど経つと血管の中に侵入し、フィラリアにとって居心地の良い心臓を目指します。心臓に辿り着いたあとは、そこで繁殖します。数が少なければ症状は特にでませんが、増えれば増えるほど、心臓の負担は大きくなり、やがて症状が悪化していく病気です。今は薬で予防ができるようになったため、きちんと予防してあげたいですね。

ノミ・マダニについて

ノミ、マダニについての問題は、刺されてかゆいというだけではありません。問題なのは、病気の運び屋ということで、人間にも危害が及ぶことです。特にマダニについては、2013年から日本でダニ媒介性疾患の「重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome: SFTS)の発生が人間で確認されており、感染例が増えています。この病気は現在のところ治療法がなく、致死率6.3〜30%と非常に危険な病気です。月一回の投薬で予防が可能ですのでご相談ください。

ノミが起こす病気

ノミアレルギー性皮膚炎、瓜実条虫症、猫ひっかき病など

マダニが起こす病気

皮膚炎、バベシア症、ライム病、猫ヘモプラズマ感染症など

避妊去勢手術について

去勢手術とは、オスの精巣を摘出する手術、避妊手術とは、メスの卵巣のみ、または卵巣と子宮を摘出する手術のことを言います。去勢・避妊手術は、病気の予防についてのメリットが非常に大きい手術です。犬の乳腺腫瘍については、手術をいつ実施するかで、その後の発生率が変化することが報告されており、「初回の発情前」に実施できるかどうかが一つのポイントになってきます。犬・猫では生後6ヶ月齢頃、ウサギでは6ヶ月から2才までの手術をおすすめします。